忍者ブログ
Admin / Write
暇 人 店 番 日 記               
2018.08.20 Mon
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2014.11.30 Sun
以前、いただいたコメントの中にあった
細い線
という詩。
ネットでは読めるのだけど、
画面を通して読むとイマイチ雰囲気が出ない。

田村隆一という詩人を知らなかったので
どんな人物か調べてみたりはしたのだけど、
やはり作品は紙で読みたい。
古本であればいいなぁと思いながら
詩集を探していたのだけど・・・
案の定、なかなか見つからない。
なければ普通に買うか・・・
と思いつつ、しばらく忘れていた。

難波田史男の絵も、せめて画集で見たい。
ネットでは見れるけどやはり、
絵も画面を通すとイマイチ雰囲気が掴めない。
ネットは便利なんだけどなぁ。。。
のっぺりするんだよなぁ。。。

先週、
よく行く古本屋さんで
常連さんとオーナーさんと話してて
詩人やら古本屋の話題で盛り上がったので
また欲しい欲しい病が再燃。

京極夏彦の数えずの井戸を100円で購入。
100円!
2000円が100円!
100円でこの分厚さ!!!
懐具合の厳しい私にはとてもありがたい価格でした。
時間をかけてゆっくり読もう♪

ちょっと前に古本で購入したプラトン学園はダメでした。
面白いのかもしれないけど、
私は苦手でした。
手ぶらで帰るのは寂しくて、
ついつい別の本を買って帰るパターン。

PR
2014.11.12 Wed



久し振りにブログを開きました。
放置もいいとこですね…ごめんなさい。

昨日は生徒さんと市内でランチ。
とてもおいしいお店でした^ ^
また行きたい!

帰りにハンズで買ったガラス玉が一個だけぶら下がってるサンキャッチャーを購入。
それだけじゃ寂しいので幾つか作って窓際にぶら下げてみました。

夕方完成したので
写真を撮った時間帯がイマイチでした。
また撮り直してupします♪

2014.07.21 Mon


まことに小さな国が開化期を迎えようとしている。
この一文で始まる司馬遼太郎の小説「坂の上の雲」のドラマのオープニングのナレーションがとても格好良くて、暇な時にYouTubeで聴く。(変な人と言われるけど…)

「のぼってゆく坂の上の青い天にもし一朶の白い雲がかがやいているとすれば、それのみを見つめて坂をのぼってゆくであろう」

明治というこの国の開化期を生きた人の姿を表現するのにあまりにも素晴らしいこの文章は、この時代の人々の前進あるのみといった楽天的でまっすぐな時代に対する正義感と、この国がその後どんな道を辿るかを知っている今の私達にとっては悲しさと虚しさを感じさせる。ドラマから入った私は、この文章が本文ではなくあとがきに書かれていることを後で知った。
何度繰り返し聴いても読んでも、グッとくるものがある。

っていうかね、こんな素晴らしい文章があとがきに。何なのこの天才。何その贅沢さ。あぁ、天才とは無邪気で無頓着で何も出し惜しまないものなのかもね。
2014.07.05 Sat






マーキスカットのアレキサンドライト。
シンセティックです。
バングルを作ってます。

2枚目の形がしっくりこなくて
3枚目の形に作り直しました。

あと少し。

アレキサンドライトは
カラーチェンジするので
それもまた面白い。

京極夏彦の「狂骨の夢」
再び読んでます。
欲しい本はたくさんあるんだけど、
買いに行けてない。
ネットで買ってしまおうかなぁ…

ジャケ買い(?)してしまった
小川洋子の「人質の朗読会」
表紙のヤギの瞳がカイヤナイト。
美し過ぎる…
物語も良かった。
不気味で静かで
優しくて悲しくて
美しい小川洋子ワールド。


2014.07.04 Fri





暮色蒼然たる景色の中、薔薇が月を見上げていた。その凛とした佇まいに気後れして、私はあと一歩を躊躇っていた。真白な花弁が宵の蒼に染まるにつれ、月は白い輝きを増してゆく。
「月が綺麗ですね」
漸く掛けた言葉に返事はなかったが、後ろ姿がすらりと微かに揺らいだ。私は一歩踏み出し、隣に並んで空を見上げた。
by夏目漱石(嘘)

なんてね。

漱石センセをパクりまくってみました(笑)

月といえば夏目漱石。

漱石が I love you を 我君ヲ愛スと訳した学生に「月が綺麗ですね」と訳しておきなさいと言った話。
なんとも奥ゆかしくて美しい婉曲表現。
現代にこの雰囲気はと持って来れないだろうな

夢十夜読みたい。

写真は我が家に咲いたアイスバーグという薔薇です。

2014.07.03 Thu









7月です。
6月は久しぶりにランチ行ったり、
石やら花やらいじって、
本読んで、
和やかに過ごしてました。
ランチは新しいお店。
美味しかったなー。
また行きましょう☆

水晶のペンダントです。
小さな結晶があったので、
ちまちまっと作ってみた。
この水晶が透明感があって、
そして、キラキラ。きっと、
研磨してないピュアな状態なので、
石肌の微細なデコボコがいい具合に
光を見せてくれてるんじゃないかな?

最近、私のまわりで
水晶の話題が何故か多い。




2014.05.29 Thu












ゴールデンウィーク中、
娘は休み中もずっと学校。
私たちはとても暇だったので、
古い町並みを散歩しようと
広島県竹原市に行ってみた。
その時の写真。

知らなかったけど、
竹原はオタクの聖地らしい。
一体何のアニメか分からないけど、
それっぽいグッズは見かけた。

2014.05.28 Wed


最近、シフォンケーキの型で
パンを焼いている。
丸いものって可愛い。
均等に切り分けることができるし。
普通の型を持っていないってのもある。
欲しい気もするけど…
収納が少ないから邪魔だろうな。

これは蜂蜜とバターのパン。
バターも蜂蜜も、
生地には練り込まずに
焼く前に上にかけて、
焼きながら染み込ませる。



蝶々。
野暮ったい可愛さもいいなって思って。



2014.04.18 Fri
あれ?
右側に貼り付けてた
『本ノ箱』
消えてます!?

も〜あれ大事なのにー。
メモ代わりなのにー。

おかしいなぁ…
今、スマホから見てるので、
後でパソコンから見てみよう。

2014.04.07 Mon
「家は借りて住め、本は買って読め」

という言葉が灰谷健次郎の小説に出てくる。
これは「太陽の子」の中に出てくる。
学生の時に
私も一生そうありたいと思ったもんだった。
まあ、なかなかそうはいかないのが現実だったけれど。

私はそこまで高尚な気持ちはないけれど、
本は買って読みたい。
読みたい本は手元に置いておきたい。
ふと『あの本のあの一節が読みたいな』
と思った時に、
自分の家の本棚にあると嬉しい。

最近、本棚画像が楽しい。
色んな本棚や、世界の図書館、
文豪の書斎の画像を眺めるのが楽しい時間です。

ちょっと気持ち悪いね。

   
1  2  3  4  5  6  7  8  9 
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
ナマエ:
管理人
教室・ネットショップ
本ノ箱
読んだ・観た↓ 読みたい&見たい↓
最新記事
(01/10)
(12/01)
(11/24)
(05/13)
(05/09)
最新CM
[01/18 aya]
[01/15 はぐるま]
[01/14 aya]
[01/12 はぐるま]
[05/03 はぐるま]
バーコード
ブログ内検索
ランキング
忍者ブログ [PR]